ファシリテーション勉強会(A-fcm↑)@井仁の棚田

      
昨日は井仁棚田交流館にて、第11回となるファシリテーション
勉強会がありました。安芸太田町に住む住民によって結成された
A-fmc(ファシリテーションみんなでまるく向上委員会)は、
ファシリテーションを学びながら、地域の未来を考えるためのチームです。

今回は、初めて場所をいつもの場所から変えて、井仁棚田
開くこととなりました。テーマは井仁に関することだったので、
地域の方にも参加してもらいました。いつものメンバーだけでなく
地域の方が参加するという試みも初めてのことでした。

勉強会が始まったときは、今日はどう進んでいくんだろうと、
みんな不安な様子でしたが、テーマについて話し合いが進むに
つれて、内容が深まっていき、最終的には良い話し合いとなりました(^-^)/

20160812_1.jpg

20160812_2.jpg 

20160812_3.jpg

内容については、これから計画・実行していくので、
秘密にしておきますが(あるイベントの計画についてです)、
今回の話し合いがなければ、実現することは難しかったであろう
内容です。この話し合いの中で、誰がして、どうやってするのか、
何が必要なのか、そもそも実行する意味・目的は?ということが、
参加者の中から出てきて、皆が納得し共有することができたからこそ
次に進める段階ができたと思います。

20160812_4.jpg

20160812_5.jpg

これが実現できれば面白い企画になると思うので、。
その時は、ブログでお知らせできらたと思います♪
スポンサーサイト

藍染めでスカーフを染めました♪

      
今日は藍の生葉を使って、スカーフを染めてみました(^-^)/

私が畑で育てている藍がたくさん育ってきたので、
地域のおばあちゃん達と染めることに。

まずは模様をつけるためそれぞれの布をゴムやボールで縛ります。
本を用意していたので、いろんな絞りを入れてほしかったのですが、
皆お揃いのパターンに決まりました笑

20160727_1.jpg

20160727_2.jpg


そして、取ってきた藍の葉をミキサーで水と一緒に、
かけて液体状にします。あとはこして、スカーフを10分ほど
浸すだけ!浸している間は、青汁みたいな緑色をしていますが、
流水で洗い流すと藍色になるので、色が変わる瞬間に
歓声があがりました.゚+.(・∀・)゚+.

20160727_3.jpg

20160727_4.jpg

ゴムを取ってみると模様がついて、綺麗にしあがりました!
これ巻いて外に出た時に、「それ、どうしたん?」って聞かれたら、
井仁で作ったんよー」って言わなね~と満足してくれた様子。
今回は数人でやってみて上手くいったので、次回は
人数を増やして、またやってみたいと思います♪

20160727_5.jpg
恥ずかしいので顔を隠して記念写真。


全国棚田(千枚田)サミットに参加します!

      
7月14日・15日に全国棚田(千枚田)サミットが開催されます!

棚田サミットとは?(以下ホームページより)
全国の棚田を取り巻く環境は、農家の高齢化、担い手不足などにより、一層厳しさを増しています。
佐渡島では日本で初めてとなる世界農業遺産(GIAHS)の認定がきっかけとなり、食糧生産だけではない棚田里山の価値が見直されつつありますが全国と同様の課題を抱えています。
そのような中で全国各地から棚田に関わる人々が集い、意見を交わすことによって、棚田の価値が再認識され、活かされ、次世代が参画し、継承されていく、そんな棚田の夢の実現に向けて「第22回全国棚田(千枚田)サミット」を開催します。

年に一度、全国各地で開催されているそうで、去年はスケジュールの都合で
参加することができませんでしたが、今年は参加することになりました\(^o^)/
他の地域の棚田を見ることや、棚田に関わる人との交流が今まで
なかったので、いろんな情報が得られる機会となると思うと楽しみです!

20160712.jpg

「いなかパイプ」で連載を開始しました!

      
ブログ管理者である私は、
井仁棚田担当の地域おこし協力隊として活動しています。

ブログやフェイスブックを主に、情報発信の場として、
活動していますが、新たに「いなかパイプ」での
情報発信を始めました!

『「いなかパイプ」って、何だ?』と思ってます?
簡単に言いますと、「いなかパイプ」とは、「もの」と「ひと」、
「あなた」と「わたし」、「いなか」と「とかい」の
コミュニケーションを楽しくハッピーに解決するウェブサイトなのです。
なんだか楽しそうな感じですね。よりわかりやすく説明すると、
いなかに住む若者が、「いなか」に対する先入観を取り払って、
知ってもらい、ひとりひとりが価値と向き合ってもらうために情報を発信するサイトです!

その思いに共感し、「井仁棚田」の魅力を広くわかってもらえたらなあと
感じ、参加することとなりました。月に一回を目標に投稿しますが、一回に
書く文章量も多く、悪戦苦闘してます(;゜0゜)

ブログと内容が被る部分もありますが、他の地域の面白い情報が
いっぱいありますので、いなかに興味がある人は是非、読んでみては
いかがでしょうか?v(o゚∀゚o)v



20160526.gif



プロフィール

initanada

Author:initanada
井仁の棚田は広島市から車で一時間で行ける、広島県で唯一。「日本の棚田百選」に選ばれた棚田です。井仁での出来事やお知らせを紹介します。(管理人・地域おこし協力隊のトーマス)HP ⇒ http://initanada.yamanoha.com/

総閲覧数

ブックマーク登録はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索フォーム

ブロとも申請フォーム