FC2ブログ

スポンサーサイト

      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 井仁棚田体験会~稲刈りの部~

      
10月2日(日)、井仁棚田では、毎年恒例の稲刈り体験会
ありました!今年で18回目となりました。

9月は天気がずっと悪く、この日も開催が危ぶまれましたが、
当日は天気が回復し、開催することができました\(^o^)/
参加者は、いつも手伝ってくれる広島大学を含め、町外から
70人の方が参加してくれました。
広島大学の皆さん、いつもお手伝いありがとうございます!)

20161005_1.jpg

連日の雨で田んぼが乾いておらず、皆さん泥だらけになりながら、
たくさん実った稲を刈り取ってました。終わって、戻ったときには、
汚れた服を見て、田植えをしてきたみたいだねと言われていました。
その後は、地域の方が作ったおいしいご飯(豚汁、天ぷら、漬物)
を食べて、終わりました。

20161005_4.jpg

20161005_2.jpg

20161005_3.jpg
田んぼがドロドロなので、稲リレーで運びます。

20161005_5.jpg

20161005_6.jpg
広島大学が用意してくれたお品書きの絵。

今年も無事に、井仁の一大行事を終えることができましたが、
春に参加してくれた方のリピート率が低く、参加者が若干
少なかったことが懸念されます。体験会の目的には、都市住民
との交流、井仁の人の集う機会の他に、体験会参加者が参加しながら、
次の世代(自分の子供)に受け継がれていくことです。

地域の人が、「体験会に参加すれば、のでき方を知ることができ、
自分に子供ができたときに、作る大変さを伝えることができる」といって
いました。体験会に参加した子供がいつか、大人になって結婚して、
子供ができて、体験会に参加してくれたら素敵なことですよね(´∀`*)
そうなるには、体験会も長い間、続けていける仕組みやイベントが
愛されるようなものにしていかなければと思います!

また来年の春の体験会をお楽しみに!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

initanada

Author:initanada
井仁の棚田は広島市から車で一時間で行ける、広島県で唯一。「日本の棚田百選」に選ばれた棚田です。井仁での出来事やお知らせを紹介します。(管理人・地域おこし協力隊のトーマス)HP ⇒ http://initanada.yamanoha.com/

総閲覧数

ブックマーク登録はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。