FC2ブログ

すっごい交流会~ひろしま さとやま未来博~

      
井仁棚田は週末の降り続いた雪によって、
一面真っ白になりました。
今日の朝、会ったおばあちゃんは、土日に
食べ物がなくなったから買い物に行ってくると
出かけていきました。

20170213_1.jpg

そんな週末に広島市県庁内にて、「ひろしま さとやま未来博
のイベント「すっごい交流会」が開かれました!
未来博のプロジェクト「ココロザシ応援プロジェクト」参加者の
交流会とゲストの話を聞き、企画に向けて
テンションをあげましょう!っていう会です。

ゲストは3組の方で、一組目は、デザイン活動家である
ナガオカケンメイさんでした。司会はStudio-L代表
山崎 亮さんです。ケンメイさんの話は、イケてる人の
話、ロングライフデザインとは、特産品についての三つ。

20170213_2.jpg

その中で、よく出先でもらうお土産のはなしが出てきました。
よくもらうご当地のお土産ベスト3わかりますか?

1位 ジャム・はちみつ
2位 てぬぐい
3位 特産品詰め合わせ

だそうです。ジャムやはちみつは、できるまでのストーリーがあって、
どれも素敵な商品なんだけど、実際に買う機会も少ないし、食べることも
なく腐らせてしまうことがほとんど。時代の流れによって、商品のデザイン
売り方は変わってきていますが、よく野菜に作った農家さんの写真が貼って
あったりするようなかたちも、飽和状態で伝わらない、普通のことになって
しまったので、何か新たな一手を考えないといけないよね。という
話が印象に残りました。

美しいデザイン⇒ストーリーを込める⇒
作り手の顔が見える商品(野菜を作った農家さん)⇒体験?

20170213_5.jpg

二組目は、天然発酵パンで有名な、タルマーリーの渡邉夫妻。
パン屋をすることになった経緯や、天然発酵に必要な麹菌を求めて
移住することになった話、地域内循環を取り入れた生活について
紹介がありました。タイプの違うお二人でしたが、
うまく、かみ合っている感じがして
夫婦二人三脚でお店を経営している姿が素敵だなぁと思いました。

三組目は、建築家である大島芳彦さん。
先日、テレビ番組「プロフェッショナル」に出ておられました。
リノベーションにおける場の「価値」や「時間の蓄積」
を読み取って、「あなたでなければ ここでなければ いまでなければ」
を形にする場づくりの話でした。

20170213_6.jpg

ゲストトークの途中では、参加者同士で話す時間があったり、
昼食会では、他地域の方との
交流を交えながら、美味しいお弁当をいただきました。

20170213_4.jpeg
加計商店街のOさんも、プロジェクトをアピール!

20170213_3.jpeg

一日を通して、盛りだくさんの内容でした。
未来博、スタートの三月まであと少しです!


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

initanada

Author:initanada
井仁の棚田は広島市から車で一時間で行ける、広島県で唯一。「日本の棚田百選」に選ばれた棚田です。井仁での出来事やお知らせを紹介します。(管理人・地域おこし協力隊のトーマス)HP ⇒ http://initanada.yamanoha.com/

総閲覧数

ブックマーク登録はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索フォーム

ブロとも申請フォーム