スポンサーサイト

      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬耕ワークショップin井仁の棚田~当日~

      
今週の火曜日、井仁棚田では、馬耕ワークショップを
開催しました!前日の夜からとても寒く、雪が降っていて、心配でしたが、
当日は、時どき雨が降ることがありながらも、晴れ間もあって
なんとか予定通りに馬耕体験ができました!

20170330_1.jpg
棚田がいる風景は、いつもと違う素敵な光景

午前中は、自己紹介とに関するクイズから。「は立ったまま寝るのか?」
「肉は食べるのか?」などを知ることからはじまります。

20170330_2.jpg

そのあとは、実際に馬に触れてみました。馬は優しく皆に撫でてもらって、
眠たそうにしています。馬耕をするときと、リラックスしているときの
馬の目の感じは違うそうです。そのあとは、馬の好きそうな草を探して、
実際に食べてもらったり、馬に乗りながら散歩しました。
すこしづつ馬と触れ合う作業が増えることで、人と馬との距離が近づいて
いるような気がしました(#^.^#)

20170330_3.jpg

20170330_4.jpg

20170330_5.jpg

20170330_6.jpg

午後は、手綱をもって前から馬を連れ歩いてみたり、
後ろから馬を歩かせたり、馬耕のための練習からはじまりました。
小さな子たちも堂々と、馬を連れて歩きます(^-^)/
馬の耕太郎もおりこうさんです。

20170330_7.jpg

20170330_8.jpg

実際に田んぼで馬を耕す前に、道具の(すき)を大人二人で引いてみましたが、
びくとしません(;゜0゜)馬はこれを軽々と引いて、土を耕すのですから、
馬の力ってすごいなぁと思います。田んぼには床(とこ)とよばれる硬い土の層
が下にあり、水が保てるようになっています。その床を掘らないように注意
しながら、で耕すのもポイントだそうです。

20170330_9.jpg

20170330_10.jpg
一人で馬とを操るのは難しい技術です。

20170330_11.jpg

実際に、馬を使って耕す作業を皆で体験しましたが、馬のスピードや思うよう
にまっすぐいかない所に皆さん苦戦しているようでしたが、土の上を馬と
ともに駆けながら、土を耕す作業を楽しんでいました。

馬は、草を食べる動物なので、田んぼや畑に放しておけば、
綺麗に食べてくれます。笹も食べてくれるので、山も
綺麗にしてくれます。馬の糞は畑の肥料になり、物を運んだり、
土を耕してくれたり、昔に人にとっては、大切な生き物であり、
無駄のない生活の一部だったのではないかと思います。

そして、馬と言葉でコミュニケーションをとることは
できませんが、スキンシップや馬のしぐさから馬の考えている
ことを感じようとする行為は、人の心が豊かになり、人と人との
繋がりにおいても活きてくるのではないかと思います。
機械は非常に便利で、効率が良いですが、地球の燃料を食いつぶし、
壊れれば、ごみとして捨てられます。
便利さを追求するのか、無駄のない循環型の社会を追求するのか、
現代の人にとって、たやすく選ぶことはできませんが、
馬とふれあいを通して、改めて考えさせられました。

20170330_12.jpg

20170330_13.jpeg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

initanada

Author:initanada
井仁の棚田は広島市から車で一時間で行ける、広島県で唯一。「日本の棚田百選」に選ばれた棚田です。井仁での出来事やお知らせを紹介します。(管理人・地域おこし協力隊のトーマス)HP ⇒ http://initanada.yamanoha.com/

総閲覧数

ブックマーク登録はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。